お出かけ スポット 住まい・建物

【新駅「虎ノ門ヒルズ」名称決定】再開発が進む虎の門エリアに3棟の高層タワー建設中。森リビングの最高級レジデンスも!

更新日:

日比谷線新駅の名称が「虎の門ヒルズ駅」に決定

東京メトロは5日、日比谷線の霞ケ関―神谷町間に建設中の新駅の名称を「虎ノ門ヒルズ」に決めたと発表した。2020年東京五輪パラリンピックの開幕前の利用開始を見込む。

出典 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181205-00000096-kyodonews-soci

山手線新駅「高輪ゲートウェイ駅」に続き、新しい日比谷線の駅が発表されましたね。

東京メトロとしては約20年ぶりの新駅であり、日比谷線の新駅が出来るのは、1964年に完成した銀座・日比谷駅以来、56年ぶりとなるそうです。

「虎の門ヒルズ駅」は、2020年の東京オリンピックに向け、森ビルを中心に再開発が進んでいるエリア。2014年の虎の門ヒルズの開業や、虎の門を新橋間の環状線2号線延伸など、近年新しいニュースに沸いています。

スポンサーリンク

場所はこちら。

「虎ノ門ヒルズ駅」の画像検索結果

出典 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181205-00000096-kyodonews-soci

 

「虎ノ門ヒルズ駅」の画像検索結果

https://mainichi.jp/articles/20181205/k00/00m/040/150000c

虎ノ門一帯といえば、霞が関や日比谷、六本木など、都心の重要なエリアに囲まれた地区。再開発によって、ハイソな街に変貌を遂げつつあります。

オフィス・レジデンス・ホテルなどを備えた超高層ビル、「虎の門ヒルズ 森タワー」の開業は記憶に新しいですね。

 

View this post on Instagram

 

bldg_man🇯🇵さん(@building__man)がシェアした投稿 -

森ビルが虎の門で進行中の開発計画とは

実はそんな虎の門エリアに、六本木ヒルズなどを手掛ける「森ビル」による再開発計画が進行中とのこと。

その名も「虎ノ門一・二丁目地区第一種市街地再開発事業」

「森タワー」だけでも十分立派なビルだと思っていましたが、それでは終わらないようなのです。

森ビルは、「虎ノ門一・二丁目地区第一種市街地再開発事業」とし、「虎ノ門ヒルズ 森タワー」の隣接地に、3棟の新超高層タワーを建設。

さらに新駅となる「日比谷線虎ノ門ヒルズ駅」とも一体化した都市づくりを行い、「虎ノ門ヒルズ」の拡大・進化を図り、虎ノ門エリアの国際新都心化を一気に加速させる。

虎ノ門ヒルズ隣接地に3棟の高層タワービル&日比谷線虎ノ門ヒルズ駅が誕生、ビジネス・商業施設が登場

出典:Fashion Press

 

こちらの記事の通り、3棟の超高層タワーが現在建設中とのこと。

その概要は、

「虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー(仮称)」2019年竣工予定

「虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー(仮称)」2019年竣工予定

「虎ノ門ヒルズ ステーションタワー(仮称)」2020年竣工予定

の3つ。

虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー(仮称)の概要

(仮称)虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー

ビジネスタワーの想像CG。奥に見えるのが森タワー、右奥がレジデンシャルタワー。

イメージ

ターミナルが軒を構える低層部

虎ノ門ヒルズビジネスタワー(仮称) イノベーションセンター

イノベーションセンター

画像出典 https://www.mori.co.jp/projects/toranomonhills_business/

36階建てのこちらのオフィスビルは、大規模オフィスと商業施設が入居する計画。

1階部分は虎ノ門駅・虎ノ門ヒルズ新駅と接続するほか、空港リムジンバスやBRTの駅を備えた大型ターミナルが造成される予定。東京の新しい玄関口を目指すほか、2020年東京オリンピックの際は、選手村のある晴海地区と各競技場を結ぶ結節点として活躍するそうです。

また施設内に備えらえれた「イノベーションセンター」(写真下)は、起業家やスタートアップ企業、大企業などの交流拠点として様々なイベントが実施される予定。

「虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー(仮称)」の概要

(仮称)虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー

イメージ

イメージ

こちらは延床面積約121,000m²、住宅約550戸を備えたレジデンシャルタワー。「ヒルズ族」で有名な「六本木ヒルズレジデンス」や、「愛宕グリーンヒルズフォレストタワー」など、都心の一等地に超高級レジデンスを供給する「森リビング」が手掛ける予定です。

タワー内には、森リビングのスパ「ヒルズスパ」(写真下イメージ)も入居する予定です。

ちなみに稼働済みの「虎ノ門ヒルズ 森タワー」には、すでに森リビングの手掛ける「虎ノ門ヒルズレジデンス」がオープン済み。

「虎ノ門ヒルズレジデンス」の画像検索結果

出典 mapa

「虎ノ門ヒルズ レジデンス」がすでにあるなら、新しいレジデンシャルタワーの名称は何になるのか楽しみですね。「虎ノ門ヒルズ フォレストタワーレジデンス」でしょうか。

いずれにせよ、森リビングの中でも最高峰のレジデンスになるという情報ですから、最上層のペントハウスは10億円規模の価格帯になってもおかしくない気がします。

いつかこんなすごいタワーレジデンスに住んでみたいものですね。

 

スポンサーリンク

「虎ノ門ヒルズ ステーションタワー(仮称)」の概要

(仮称)虎ノ門ヒルズ ステーションタワー

イメージ

イメージ

出典 https://www.mori.co.jp/projects/toranomonhills_station/

こちらは新駅と一体して開発される、2020年完成予定の高層ビル。

「虎ノ門ヒルズ 森タワー」と同規模のホテルやオフィスが入居する予定だそうで、最上階にはイノベーションの拠点となる交流施設が完成する予定です。

まとめ

新駅誕生に沸く虎の門エリア。その地下鉄新駅開発に伴い、地上でもわくわくするような都市再生プロジェクトが着々と進行中です。

虎ノ門一帯は今後、ビジネスやイノベーションの拠点・商業施設やホテルなど、人々が集まる場所として、さらなる素晴らしい街へ向かって進化を遂げていくでしょう。

時間が出来次第、建設中の現場もリポート出来たらと思います。

お読みいただきありがとうございました。

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-お出かけ, スポット, 住まい・建物
-

Copyright© TOKYO STORY , 2019 All Rights Reserved.