お出かけ グルメ

麹町の隠れ家的カレー屋さん「プティフ・ア・ラ・カンパーニュ 」の紹介。レトルトもあり?

更新日:

麹町の欧風カレー「プティフ・ア・ラ・カンパーニュ 」

今日紹介するのは、麹町の街角に佇む隠れ家的カレー屋さん「プティフ・ア・ラ・カンパーニュ 」という欧風カレーのお店。

麹町といえば、そこら辺をマセラティが闊歩する高級住宅地でもあり、河合塾を擁する医学部受験のベースキャンプともいえる街。

そんな奇妙な表現しかできないのは、麹町がヘンな町だからではなく、書いている人が奇妙だからに他なりません。

 

View this post on Instagram

 

ホテルモントレ半蔵門駅から徒歩3分位にあるこちらの一つ星のカレー店が気になり、捻挫した足を引きずりながらも根性で到着🎵 欧風カレー店の看板と上品なエントランス🍴 中に入ると席は壁で仕切られている為落ち着きます⭐️ ジャガイモとバターが千代田区のカレー店では前菜の如く出てくるようでお腹いっぱいになりそうですが、ホクホクで美味しいです🍴✨ ビーフとチキンのカレーでルーの辛さは中辛にしました🍛 今まで味わった事のない上品な香りと一瞬程よい甘ささえ感じますが、その後しっかりした辛さがジワジワきて本当に美味しかったです😃✨ こちらはゆっくり寛げて一人でも入りやすくお薦めです🍴✨ #プティフアラカンパーニュ #カレー #半蔵門 #東京グルメ

Akikoさん(@ako_19f)がシェアした投稿 -

地下鉄の駅から歩いてすぐのところにあるこのお店。

実はこの辺りでは1、2を争う超人気のカレー店で、お昼時には行列が出来るほど。

店内は壁で細かく仕切られており、落ち着いた高級レストランのような雰囲気が漂います。

関連ランキング:欧風カレー | 半蔵門駅麹町駅市ケ谷駅

 

View this post on Instagram

 

ʏᴏᴜɴɢ-ᴀさん(@ss_young_aa)がシェアした投稿 -

 

View this post on Instagram

 

dama (ダマ) / designerさん(@dama_stagram)がシェアした投稿 -

そのお店の定番といえるのが「ビーフカレー(1,250円)」

付け合わせのジャガイモといい、3色の色とりどりのお漬物といい、神保町の「ボンディ」を彷彿とさせる千代田区のカレー店らしいスタイル。

口に運んで感じるのが、じっくりと煮込んだ玉ねぎとバター・生クリームが織り成すルーのまろやかさ。

とろとろのビーフと溶け合い、ほのかな甘みを感じます。

しかし後味はややスパイシーで、甘さと辛さが共存する不思議な感覚を味わえます。

「ボンディ」に対峙できる欧風カレーなどない、と思いかけていた私にとって、それに匹敵するレベルの欧風カレーを味わえました。

しかし……?

実はこのお店に伺ったのは、ある商品がきっかけ。

それはS&B食品が販売する「S&B 噂の名店 欧風ビーフカレー お店の中辛」というレトルトカレー。

S&B 噂の名店 欧風ビーフカレー お店の中辛 200g

実はこのお店のカレーが、レトルトで販売されているのです。それもお値段1つ300円ほど。

お店を訪れた理由も、このレトルトカレーを食べてみてあまりに美味しかったから。

レトルトカレーとは思えないおいしさに感動し、ついに本店の麹町まで足を伸ばしてしまったのです。

お味の比較は?

実際に本店に伺って食べたときの感銘はひとしおでしたが、「やっぱり美味しいな」の一言。

店内には、こちらのレトルトカレーの箱が棚に並べられていました。

とはいえレトルト版のほうもお店の味に迫るクオリティ。こちらも十分に美味しかったです。

しかしレトルトが1つ300円、本店で食べると1250円という事を考えると、「1回お店に行くより、4回レトルトで食べたほうがいいんじゃないか」とみっともないことを思ってしまいます。

レトルト、本店。どちらも十分に試す価値のある麹町の隠れ家的カレー店「プティフ・アラ・カンパーニュ」。

麹町へご来訪の際はぜひお試しあれ。

 

こちらのS&Bのレトルトシリーズでは、「ボンディ」を再現したレトルトカレーも発売されています。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう







-お出かけ, グルメ

Copyright© TOKYO STORY , 2019 All Rights Reserved.