スポット

【行ってみた】東京・六本木にメルセデスの新型体験施設「EQ house」がオープン!竹中工務店とコラボで電動モビリティのある未来のライフスタイルを体験

更新日:

メルセデスの新施設「EQ House」とは

2019年3月13日、東京・六本木。すでに営業している「Mercedes me Tokyo」の横に、メルセデスベンツの新しいブランド体験施設「EQ House」がオープンしました。

「EQ」とは、メルセデスが展開する電動モビリティのブランド。今後2019年内に、日本国内にも本格的に展開する計画です。

「EQ House」は、ダイムラー社が2016年に提唱した中長期戦略「CASE」に基づき、EQのある未来のライフスタイルを具現化したものです。

その実現に携わったのは日本の竹中工務店。最新の技術を駆使して作られたこの施設では、モビリティとライフスタイルの未来を実際に体感できるというのがコンセプトです。

ちなみに「CASE」とは、「Connected(コネクテッド)」「Autonomous(自動運転)」「Shared & Services(シェアリング)」「Electric(電動化)」というメルセデスの目指すコンセプトをまとめた略語。要するに、メルセデスが考える未来像ということです。

果たしてメルセデスが見る「モビリティと暮らしの未来」とは、どんなものなのか。

それを確かめるため、東京の一等地に体現した「EQ House」に、オープン当日から潜入してきました。

スポンサーリンク

早速潜入!

場所は東京・六本木のMercedes me Tokyoに隣接しており、東京メトロ乃木坂駅や六本木、青山一丁目駅などが最寄駅です。

新しい「EQ House」は、元からあったMercedes Meの庭のようなところに建設されています。4MATICを体感する試乗イベントなどで、急な坂が設置されていた場所ですね。

これが家の全景。実際に見てみた感想は「思ったより小さい」。

なにやら神妙な空気が漂っていましたが、恐る恐る一人で突入してみます。

玄関にはTAKENAKAの文字、そしてお決まりのスリーポインテッドスターが。ベンツとコラボした竹中工務店が設計・施工を行っています。

内部は……?

リビングガレージ

リビングルームで出迎えたのはメルセデスの電気自動車、EQC。とてもカッコいいですね。

EQCは、メルセデスEQの市販初となる電気自動車。昨年ストックホルムでプレミアされたばかりの最新鋭SUVです。まだ日本では公開されておらず、ここにある車体は海外から至急取り寄せたもの。つまり、かなりレアな車両なわけです。

 

View this post on Instagram

 

Ming Siuさん(@mycarsfotos)がシェアした投稿 -

このリビングガレージには、生活空間とガレージを分ける可動式のガラス板が張られています。邪魔なガラス板だな、と思っていたのですが、スタッフさんが指差すと、なにやらアイコンのようなものが浮かび上がりました。

実はこれ、透明なガラスに情報が映し出されるディスプレイ。

ここには家や家電、クルマの情報が集約して表示され、タッチで操作も出来るという近未来的なシステムです。スマートホームのシステムは私も導入していますが、クルマも含めて管理できるというのは新鮮。

EVだけに、バッテリー残量や航続距離といったクルマの状態を確認できるのは便利ですね。

またEQハウスにはAIが導入されており、音声操作でも家電や照明などの操作が可能なほか、ユーザーの好みを学習して自動的にコントロールする機能も備わっているそうです。

とはいえ、昼間だったためか非常に見にくい……。写真で撮ったら何が何だか分からなくなりました。

ちなみにこのディスプレイに表示されていた航続距離は300キロ以上。EQCの航続距離は400km以上とのデータが発表されており、これが本当ならばガソリン車と比べても遜色ない実用性を備えることになります。

メルセデスベンツが初の市販EV『EQC』を発表…400馬力、航続450kmの電動SUV

スポンサーリンク

寝室

ここは寝室。ナチュラルテイストのシンプルなベッドが置かれていました。

実はこの寝室、ただの寝室ではありません。快適なおやすみ空間を実現すべく、ユーザーの生活音などを感知して、AIによって自動的に照明や空調、香りまでをコントールするというハイテクなベッドルームなんです。

よく見ると、壁にアロマディフューザーが設置されています。

キッチン

電化されたキッチン。

スポンサーリンク

リビング

ここはリビングルーム。とはいってもテレビやソファがあるわけではなく、ただイスが置かれているだけですね。荷物を置くのに使わせていただきました。

壁・天井

ちなみにこの壁、幾何学風の変な模様をしているのにお気づきでしょうか。実はこの壁、365日の日照をシミュレーションしてデータを元に設計されたもの。こうしたパネルのおかげで、どんな日照状況にあっても明るさが変化せず、常に快適な空間になるように作られているようです。

 

庭・カースペース

家の外にもカースペースがあり、EQの充電装置が設置されていました。

全体的な感想

しばらく滞在して思ったことは、「ついていけない」でしょうか。

私も近未来のライフスタイルを追い求めてみようと、自宅をスマートホームにしたり音声アシスタントを使ってみたりと、時代に乗り遅れないように頑張っていたつもりでした。

しかしガラスの板にクルマの情報が映し出されたり、声や動きを検知してAIがアロマを炊く寝室があったりと、想像の域を超えていました。完全にSF映画の世界ですね。スタッフさんの説明についていくのに時間がかかりました。

そしてクルマがスマートホームの一部としてつながっているというコンセプトには、非常に共感を覚えました。

今まで、私たちにとって、家と車は別々の「家」「クルマ」であり、あくまで別物。たとえリビングからクルマを眺められるガレージハウスであっても、家に話しかけてクルマが動くことはありません。

けれども「EQ House」のように、電気のクルマが家と繋がることで、「家電」のように、家の一部、生活の一部としてライフスタイルに溶け込むのではないでしょうか。

 

View this post on Instagram

 

The EQC 400. The type of car you put in the driveway, front and center. #switchtoEQ #EQC400 #EQC #EQ #EQhome #MercedesBenz #SXSW

Mercedes-Benz USAさん(@mercedesbenzusa)がシェアした投稿 -

支度を終え、「車で出かけるよ」とアレクサに呼びかければ、「わかりました」の声。

玄関のドアを開ければ、自動でガレージから出てきたメルセデスが「お乗りください」とドアを開けて待っている。まるで車が家族のようになる、そんな未来も近いかもしれません。

 

View this post on Instagram

 

Zijie.Dさん(@dj_xerxes)がシェアした投稿 -

 

アクセス・営業時間

営業時間は朝10時から20時で、入場料は無料。また1時間ごとに、EQ Houseの機能などを説明してくれるプレゼンテーションが行われているそう。(私が行ったときは14時から開始されていたので、おそらくキリの良い時間だと思います)

期間限定のこの家ですが、今後2年ほどはココにあるそうなので、近くに来たついでにもよってみると良いですかね。

■EQ House
東京都港区六本木7-3-10 (Mercedes me Tokyo隣接)
営業時間:10:00-20:00
定休日:Mercedes me Tokyoに準ずる

東京メトロ千代田線 乃木坂駅 3番出口より徒歩2分
都営大江戸線 六本木駅 7番出口より徒歩5分
東京メトロ日比谷線 六本木駅 4a出口より徒歩7分

 

リンク

竹中工務店 EQ house特設ページ

メルセデスベンツ Mercedes me Tokyo NEXTDOOR

メルセデスベンツ EQブランド公式ページ

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-スポット

Copyright© TOKYO STORY , 2019 All Rights Reserved.