オーナー記事

【974のスイングトレード日記】6月末のトレード記録

投稿日:

株式投資を初めてみた

勤務先からなけなしの給料をもらうようになって3ヶ月が経ちました。

しかし、金をもらっても使い道がありません。

食事といえば病院の検食とMR弁当をハイエナのように探し歩き、帰ったらパソコンに向かってブログを書いたり寝るだけの毎日。

車やら旅行やら、お金を使いたいことは沢山ありますが、特に差し迫った必要はなし。

お金を貰っても余るだけで、口座で眠っているだけということが発覚してしまいました。

せっかくなら、余ったお金を運用してやろうと思い、株式投資を始めることにしました。(やめておけ、向いてないという声が聞こえるようです)

とは言っても、投資といえば苦い思い出があるのがビットコイン。流行っているからと言ってお小遣いを注ぎ込み、適当にギャンブルをしていたら半分くらいに減ってしまったという失敗経験があります。

スポンサーリンク

口座開設

「sbi証券」の画像検索結果

苦い思い出はともかく、思い立ったことは絶対にやめられない行動力が僕の短所。(短所かよ)。早速SBI証券で口座を開設。株式投資をする人の間でも、非常に人気が高い証券会社です。

スマホアプリから取引ができるので、なんと、スマホ一台でサクサク株を買い、お金を動かせるこのサービス。

証券会社の営業マンに電話をしていた時代を考えると、随分と便利な時代になりましたね。

さらに、成績管理のために、最近広告などでもよく見かけるMyTradeという投資管理アプリを導入してみました。

「mytrade」の画像検索結果

このサービスは、様々な証券会社と連携し、自分の取引の記録を分析・振り返ることができるという有能なサービスです。

取引のルール

株式投資にも様々な形があります。

一日の間に何回もの取引を繰り返すデイトレードから、月・年単位かけてホールドし続ける長期投資など、時間軸も様々です。

とはいえ、3ヶ月で貯めた元手は30万しかありません。デイトレをしている時間的余裕はもちろんありませんし、少ない元手では長期保有は効率がよくありません。ということで、日〜週単位での取引をするスイングトレードを中心にトライしてみました。

様々な本を参考にして、決めてみたルールは、「安定上昇トレンドの銘柄」に短期間投資する方式。

上昇トレンドに素直に乗っかって投資する、いわゆる「順張り」という方式です。

短期間の投資なので、利食いも損切りも大きく望みません。数%の損失が出ればすぐに損切りし、逆に利益も高望みせず、3%程度の利益が発生したらすぐに利益確定してしまっています。

人間には、「出ている利益は確定したい」「損失は確定したくない」という抗いようもない心理があります。「100%の確率で15万円もらえる」「50%の確率で30万円もらえる」で選ぶとしたら、期待値的には同じでも前者を選びたくなってしまいますよね。

出ている利益を放置して、損失に変わってしまうのが怖くて、なかなか利益確定することを我慢することができないのが人間なんですよね。

私は結局その心理に抗えず、長期的に株を保有する投資法ではなく、日から週単位での投資法を実践しようと思いました。

ちなみに銘柄選定には、スマホで便利に使える「Yahoo ファイナンス」アプリを使っています。他にも、「株探」など、様々なスクリーニングサービスを使って上昇トレンドの銘柄を絞り込んで投資しています。

細かい基準については、また次の記事で紹介しようと思います。

スポンサーリンク

6月後半の結果

今回は、上昇トレンドにある様々な銘柄に、なるべく小さい単位で分散投資を繰り返しました。

その銘柄とは、「移動平均線・株価が短期的・中期的にも上昇トレンド」「東証一部」「出来高10万株/日以上」「ファンダメンタルで割高すぎない」といった条件で絞り込み、業績低下などの直近の悪材料がなさそうな銘柄。具体的には

・シャープ

・ユニチカ

・日本郵船

・市光工業

・マーキュリアインベストメント

・ぐるなび

・ユーグレナ

などの銘柄です。

初心者が陥りがちな「ポジポジ病」、いわば、常にトレードをしてポジションを持っていないと気が済まないという心理状態に陥り、1日に何回もトレードを繰り返してしまうこともありました。

ポジションを取りたいあまり、予め決めたエントリーのルールを守れず、思いつきで急騰株に投資して大損したこともありました。

しかし、「安定上昇トレンド」という絶対条件を決め、それを武器に分散投資してみたところ、1週間以内に値上がりする銘柄がほぼ8割くらい。一時的な下げで損切りすることもありましたが、総合的に見ると勝率7割程度をキープすることができました。

「愛車がデロリアンです」「引き出しの中にはタイムマシンがあります」という人はともかく、普通の人は未来のことなどわかりません。

株価は「上がる、下がる」のどちらかになるのでしょうが、その二択すらわからないのが私たちです。

だからどんな天才でも損失を被ることはありますし、それは避けられないことです。

株式投資で大事なことは、負ける可能性を受け入れつつ、いかにしてその可能性を減らし、損失を少なく抑えるかということ。

勝ち負け半々の2択を、勝ち6割負け4割まで持っていければ、それで十分すぎるんですよね。

資産の推移

 

合計すると1万円以上の損失も被りましたが、利益は2万4000円。

結果的に1万円以上のプラスを確保することができました。

まだまだ初心者で何もわからず、雑なトレードをしていますが、「安定上昇トレンド」を条件にこまめな利益確定・損切りを行う方法は、勝率的に悪くはないようです。

勝率を上げるため、これから自分なりに成功率の高いルールを作り上げてみようと思います。

 

スポンサーリンク

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-オーナー記事

Copyright© TOKYO STORY , 2019 All Rights Reserved.