英語学習法

【英語学習法】非帰国子女の高校生が独学で英検1級を取得した話〈第11回 震度4 〉

更新日:

【英語学習法】非帰国子女の高校生が独学で英検1級を取得した話〈第10回 神の救済〉

絶体絶命のピンチ

前回記事では、後がない状況で面接に臨んだこと、本番のスピーチでアイデアが思いつかず、ピンチに陥ったことを書きました。

スピーチには、自分の主張を支持する、メインとなる考えや根拠が必要です。

「日本は野菜の輸入に頼りすぎるべきでない」という2分のスピーチを持たせるためには、大体目安として、2つは根拠が必要です。

一つ目の根拠は、「輸入野菜の安全性」という点。

中国の「ダンボール肉まん」や「毒入り餃子」など、輸入した食べ物の安全性が不安視されていた時代でした。

「輸入した野菜に頼ることは、日本の食の安全を脅かすのではないか」

それが私の思いついた、一つ目の主張でした。

スポンサーリンク

しかしもう一つの主張が、なかなか思い浮かびません。

スピーチも無情にも中盤にさしかかり、いよいよ2つ目の根拠を述べるタイミングがやってきます。

けれども回転する頭の中では、アイデアは思い浮かびません。まさに絶体絶命。

「1級の夢も潰えたか……」

そう思ったその時でした。

突然、大きな揺れが試験会場を襲ったのです。

祈りが届いた?

会場を襲った揺れ。それは、震度4はあろうかという強い地震でした。

大きな揺れに、ふたりの面接官の顔に狼狽の色が浮かびます。

ガタガタと揺れる机を押さえ、様子を見守る女性面接官。

みっともないほどに取り乱し、「ママぁ!」とひたすら連呼するイギリス人面接官。

(しねえよ)

揺れに合わせ、狂ったように腰を振り始めた試験スタッフ。

(しねえよ)

もはや試験どころではありません。

(それは本当です)

 

冗談はさておき、震度4の揺れの中で、平然とスピーチを続けるわけにはいきません。

男性面接官は試験を一旦中断させ、揺れが収まるのを待ちました。

まさに想定外の事態です。

 

しかし、動揺する試験官たちとは裏腹に、私は1人、ニヤリとほくそ笑んでいました。

揺れが続く中で私の頭脳は回転し、主張の根拠となるべきアイデアを探し続けていたのです。

そしてその瞬間は、「天啓」のように突如として私に訪れました。

またとない絶好のアイデアを思い付いたのです。

「地震」をネタにスピーチを展開

実は私が試験を受けたのは、東日本大震災が日本を襲ったその年。

テレビ画面に映る破壊された町、押し寄せる津波。

そんな映像や、毎日鳴り響く地震速報のけたたましさは、あまりにも印象的でした。

「安全で当たり前」と確信されていた日本の原発が制御を失い、危機に陥った福島の事故。

電力供給が不足し、信号の光さえも消えた夜。

そんな一連の出来事は、私たちが安穏と漬かっていた「当たり前」というぬるま湯を、根底からひっくり返す出来事でした。

おそらくは震災の余震だったのでしょうか。試験場を襲った強い揺れを身で感じた瞬間、私にはあるアイデアが舞い降りたのです。

「もしそんな出来事が、野菜の供給にも起きてしまったら……」

考えてみてください。

アメリカのポテト畑がちょっと不作だっただけで、ポテトチップスがコンビニから消え、マックからフライドポテトが消えてしまう現代の日本。

もし「当たり前のように」輸入に頼っていた作物が、その国の都合によって「当たり前」でなくなったら――。

ポテトが無くなるくらいならまだしも、それがあらゆる野菜や作物に起きてしまったら。それはあまりに恐ろしい事態です。

「食べ物」という命綱を、安穏と他国からの輸入に頼っていることの潜在的危険。

私はそれを根拠として、スピーチの次のボディを組み立てることにしました。

スピーチ再開

揺れに襲われて30秒後。ようやく、地震が収まりました。

「大丈夫ですか?」と優しく私に気を使ってくれる試験官たち。

「大丈夫です」

大丈夫どころか、何とラッキーな事でしょうか。私はにやけたい気持ちを抑え、神妙に頷きます。

タイマーが開始し、口を開いた私は、「野菜を輸入に頼ることは、国家にとって大きな潜在的リスクになる」というトピックセンテンスを提示し、スピーチを展開します。

「震災の前、まさか原発が爆発するとはだれも予想しませんでした。けれども、実際にそれは起こり、日本人は電力不足や、放射線の危険に晒されました」

――それと同じように、当たり前のように野菜を輸入に頼り続ければ、「想定外の出来事」が起きた時、日本はどんな目に遭うか。

「だからこそ、たとえ輸入野菜がいくら安価でありふれていても、それに過剰に甘んじるべきではない」という主張。

それは例示を用いて論理を展開する、まさに定石通りの構成でした。

さらにスピーチの結末。

「でも一番想定外だったのは、面接中にこんな揺れが来ることでした」

「我々もですよ。アハハ」

地震をネタにジョークまで折り込み、試験官の笑いを取ることまで成功します。

「これは行ける」と確信させるような、流れるようなスピーチ。

本当に自分なのか。2回もスピーチでしくじり、不合格になった自分が喋っているのか。にわかに、信じがたいほどでした。

(※当社比)

とにかくも、奇跡的なタイミングで襲った地震によって、私は絶体絶命のピンチを凌ぎ、予想もしなかった出来で形成逆転に持ち込んだのです。

スポンサーリンク

祈りが届いた?

試験後、私はあることに気づきます。

それは、試験前、緊張の中で祈り続けた、あの肖像。

そう、教室に飾られていた、イエス・キリストの肖像でした。(前話参照)

試験中、奇跡的なタイミングで地震が訪れ、期待以上の実力を発揮できたのも、もしかしたら。

「イエス様が私を救ってくれた」

そうとしか思えないくらい、あまりにも奇跡的な展開でした。

私は達成感に満ち溢れた気分で、山手を意気揚々と後にします。

そして……

スピーチの出来が、すべてでした。

 

数週間後。

迷うこともなく、表示した2次試験の結果には、「合格」の2文字が踊っていました。

それは、およそ1年にわたる無謀な挑戦が、終わりを告げた瞬間でした。

右も左も分からず、5級を受験してから3年。

未修事項に戸惑いながらも、なんとか合格をもぎ取った3級。

語彙力を武器に、合格を重ねた2級、準1級。

そして圧倒的な壁を見せつけられ、3回もの不合格の末にようやく勝ち取った1級。

長かった道のりに思いを馳せていると、お世話になった人たちの顔が次々と浮かんできます。

 

受験を諦めていた私に、黙って単語帳を買ってきてくれた塾の先生。

壁にぶつかっていた私に、実戦練習という素晴らしい策を教えてくれた高校の先生。

特訓に付き合ってもらい、夕暮れの教室で、何度も唇を重ねたネイティブのお兄さん先生。(だからゲイじゃねえよ)

 

数々の思い出や悔しさが去来する中、私は表情一つ変えず、合格通知を眺めていました。

(そこは泣いとけよ)

 

2011年の夏。こうしてついに、私の1級取得の旅は幕を閉じたのでした。

 

お読みいただきありがとうございました。

第12回はこちら

【英語学習法】非帰国子女の高校生が独学で英検1級を取得した話〈第12回 1級を取得して良かったこと・悪かったこと 〉

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-英語学習法

Copyright© TOKYO STORY , 2019 All Rights Reserved.