スポーツ

【2020年箱根駅伝完全ガイド】1~10区までのコース詳細地図と特徴、予想通過時間・交通規制情報まとめ

2020箱根駅伝について

お正月の風物詩といえば、箱根駅伝。2020年で96回目を数えるこの大会は、戦前より続く陸上の一大イベントです。

今回大会のコースについて

さて、駅伝観戦はテレビでされる方も多いと思いますが、実際に沿道に出向き、選手たちを応援するのも臨場感があります。

その為には、おおよその通過時間とコースを知っておくと、いつどこに見に行けばよいのかわかり便利です。

この記事では、そんな箱根駅伝の往路・復路のコースと、特徴、各地点の通過予想時刻をまとめました。

往路

1区 (21.3キロ)読売新聞東京本社前~鶴見中継所

注目を浴びるスタート区間。スピードと駆け引きが勝負

日本中の注目を浴びるスタート区間。平坦なシティロードが続くため、例年ハイスピードなレース展開が続きます。

様々な予想や思惑が飛び交う中、集団を抜け出す駆け引きが重要です。ハツ山橋・六郷橋のポイントでは順位の変動に注目。

「箱根駅伝」の画像検索結果

https://sports.yahoo.co.jp/column/detail/201801020003-spnavi

区間記録 1時間1分06秒 佐藤悠基(東海大) 第83回大会

スポンサーリンク

各ポイントの通過時間(予想)

08:00 スタート

08:09 芝郵便局交差点 

08:43 東蒲田2丁目交差点

09:01 鶴見中継所

 

2区 (23.1キロ)鶴見中継所~戸塚中継所

各校のエースが覇を競う「花の2区」

かつては箱根駅伝の最長区間であり、各校のエースが集い、ごぼう抜きが繰り広げられることもある華やかな区間。

東海道の難所、権田坂の上りと、ゴール直前に待ち構える「戸塚の壁」と呼ばれる3キロの上りがカギになります。

外国人留学生の圧倒的な走りにも注目。

区間記録 1時間06分04秒 M.J.モグス(山梨学院大) 第85回大会

各ポイントの通過時間(予想)

09:09 大黒町入口交差点

09:29 西区役所入り口交差点

09:58 横浜新道合流点

10:08 戸塚中継所

3区 (21.4キロ)戸塚中継所~平塚中継所

美しく、過酷な自然に立ち向かう

右に富士山、左に相模湾を望む風光明媚なコース。しかし海からの風と、昇ってきた太陽が選手の体力を奪い、苦しめます。

スタミナとペース配分に注意し、2区のエースから良い流れで襷を繋げるかが重要です。

区間記録 森田 歩希(青山学院大) 1時間01分26秒 第95回大会

各ポイントの通過時間(予想)

10:11 吹き坂バス停

10:24 藤沢橋

10:52 しゃぶ菜茅ヶ崎中海岸店

11:11 平塚中継所

4区 (20.9キロ)平塚中継所~小田原中継所

アップダウンを伴う平地の最短区間。ペースを保てるか

短い区間ながらも、アップダウンや橋が連続し、ペースをつかみにくい複雑な区間。山登り区間へ向け、良いペースをキープして勢いをつかめるかがポイント。

区間記録 1時間00分54秒 相澤 晃(東洋大) 第95回大会

各ポイントの通過時間(予想)

11:14 国道134号合流地点

11:25 大磯警察署

11:55 連歌橋交差点

12:13 小田原中継所

スポンサーリンク

5区 (20.8キロ)小田原中継所~箱根・芦ノ湖

山のエキスパートが集う「箱根登山」

車のエンジンが唸るような急坂とうねる道が続く難所。各校の上りのエキスパートがしのぎを削ります。この区間では、上位以下の順位変動も激しくなり、圧倒的な走りを見せつけて「山の神」と呼ばれる選手もいます。手に汗握る展開が待ち受けています。

区間記録 1時間10分54秒 浦野 雄平(國學院大學) 第95回大会

各ポイントの通過時間(予想)

12:24 箱根湯本駅

12:40 大平台バス停

12:53 小涌園前

13:25 芦ノ湖ゴール地点

復路

6区 (20.8キロ)箱根・芦ノ湖~小田原中継所

足に負担のかかる下り坂。スピードに乗れるかが勝負。

芦ノ湖から箱根湯本まで、長い下り坂とカーブが続く区間。選手の足に大きな負担がかかる下りではありますが、下りのスピードに乗れば平地のタイム以上の勢いに乗ることが出来るのも特徴。長い下りの後、ゴール手前の平地は登り坂のように感じられ、選手たちを苦しめます。

区間記録 57分57秒 小野田 勇次(青山学院大) 第95回大会

各ポイントの通過時間(予想)

08:00 スタート

08:27 小涌園前

08:37 宮ノ下駅

08:49 箱根湯本駅

08:58 小田原中継所

7区 (21.3キロ)小田原中継所~平塚中継所

気温上昇に注意。レースの行方を決める7区

前半は山の寒気、後半は日差し。もっとも気温の変化が激しい区間。走りやすい区間ではありますが、細かいアップダウンにペースを保てるかが重要になります。

区間記録 1時間04分05秒 古田哲弘(山梨学院大) 第73回大会

各ポイントの通過時間(予想)

09:07 小田原市民会館前

09:28 前川バス停

09:43 槙ノ木交差点

10:01 平塚中継所

8区 (21.4キロ)平塚中継所~戸塚中継所

追い風と坂が体力を奪う要所

徐々に気温が上がってくる時間帯。日差しが照り付ける中、15キロ地点に訪れる「遊行寺の坂」は箱根屈指の難所。追い風が吹き、走る選手たちにとっては無風の中を走るため、脱水症状にも注意が必要です。

区間記録 1時間03分49秒 小松 陽平(東海大学) 第95回大会

各ポイントの通過時間(予想)

10:10 高浜台交差点

10:31 常盤町交差点

10:46 南仲通りバス停

11:05 戸塚中継所

9区 (23.1キロ)戸塚中継所~鶴見中継所

シード権争いが白熱!「裏のエース区間」

「花の2区」の復路、9区は、「裏の2区」とも呼ばれる影のエース区間です。ゴールが近づくにつれ、優勝争いやシード権を巡る競争が一段と激しくなる重要なポイントです。

区間記録 1時間08分59秒 松瀬元太(順天堂大) 第83回大会

各ポイントの通過時間(予想)

11:14 横浜新道分岐点

11:35 東伸橋交差点

11:51 金港橋交差点

12:17 鶴見中継所

10区 (23.0キロ)鶴見中継所~読売新聞東京本社前

襷を胸にいよいよゴールへ。注目のアンカー区間

ゴール目前。監督から信頼を受けたアンカー達が、最終目的地・大手町を目指して大都会を疾走します。シード権争いは例年、ゴール直前までもつれるため、最後まで目が離せません。

区間記録 1時間1分06秒 佐藤悠基(東海大) 第83回大会

各ポイントの通過時間(予想)

12:26 六郷橋

12:47 南大井歩道橋

13:24 日本橋

13:27 ゴール

 

おわりに

いかがでしたでしょうか。

毎年、お正月のお茶の間に熱いドラマを呼ぶ箱根駅伝。今年も、大学トップランナーたちの活躍から目が離せません。

テレビで見るのも面白いですが、実際に生で観戦するのも迫力満点です。ぜひ、沿道で声援を送ってみて下さいね。

以上となります。最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

974

神奈川県出身の25歳・医師。「クリエイティブに生きる」をモットーに、サイト運営・小説執筆・写真など、種々の創作活動をしています。 海が好きで、休日は海沿いの温泉街に行くのが生きがい。お気に入りの町は熱海。

-スポーツ
-,

Copyright© TOKYO STORY , 2020 All Rights Reserved.