自動車

【一体いくら?】一度は乗ってみたい超高級車・スーパーカー10選

更新日:

一度は乗ってみたい! 世界の超高級車・スーパーカー10選

さて、今回は車のお話です。

世界には、家が買えるほどの高額な車が存在しています。

圧倒的なデザインや走行性能を誇るスーパーカーや、運転手付きの超高級サルーン。

そんな、死ぬまでに一度は乗ってみたいそんなスペシャルな車たち。

今回は、ただ単にスポーツカーに限らず、超高級車など、スペシャルな車たちをピックアップして紹介していきたいと思います。

いろんな意味でスペシャルな「スーパーカー」たち

ランボルギーニ・アヴェンタドール

イタリアの高級スポーツカーメーカー、ランボルギーニが誇る猛牛。

六角形を多用した攻撃的なテザインの「アヴェンタドール」は、V型12気筒エンジンを搭載し、時速350km/h以上の最高速を叩き出すモンスター・マシン。

エクステリア・デザインの印象に違わず、そのインテリアもまるで戦闘機のコクピットのようです。

まるでミサイル発射ボタンのようなエンジンスタートボタンを押せば、猛牛の咆哮が轟き、ドライバーにこの上ない興奮をもたらすでしょう。

お値段は4500万円とかなり高額。もっとお手軽にランボルギーニを楽しみたい方は、2000万円台で購入できる「ランボルギーニ ウラカン」がおすすめです。

「お手軽」の感覚がおかしくなりそうですね。

 

View this post on Instagram

 

#lamborghiniaventador #aventador #lamborghini

Supercars & old carsさん(@paparazzocars)がシェアした投稿 -

 

 undefined

画像出典 オートックワン

 

フェラーリ 488GTB

誰もが知るイタリアの代表的高級車メーカー、フェラーリのV8・2シーターミッドシップモデル。

先代の「458イタリア」を改良した後継として開発されました。

V8ツインターボ3.9Lエンジンを搭載し、最高出力670PS・最高時速330km/h以上を叩き出します。

まるで芸術品のようなエクステリア・デザインは、美しさと無駄のない空気力学を共存させたまさに機能美。深紅の跳ね馬が醸し出すオーラは、見る者を虜にする魅力があります。

フェラーリの内装デザインは、モデル間で似通ったコンセプトがあるように思えます。

F1カーのコクピットを彷彿とさせる卓越した機能性を備えながら、お洒落なブランド品を身に纏うような色気と気品も感じさせるデザイン。

お値段は約3000万円からですが、オプション類を含めると、3500万円は必要になるでしょう。

 

View this post on Instagram

 

Waiting to go to its new home 🇮🇹 #488gtb #ferrari

Ben Carrollさん(@bencarroll_mcr)がシェアした投稿 -

 ã€Œãƒ•ã‚§ãƒ©ãƒ¼ãƒª 488gtb」の画像検索結果

画像出典 Lawrence

BMW i8

こちらはドイツの高級車メーカー・BMWの開発したスーパーカー。こちらの特徴は何といっても、「PHV」つまり、「プラグインハイブリッド車」であることです。

フロントのモーターで前輪を駆動し、リアに搭載したエンジンで後輪を回すハイブリッド車であるこの「i8」は、最大燃費19リッターを叩き出す未来のスーパーカー。

その走行性能も伊達ではなく、0-100km/hを4.4秒を駆け抜けるれっきとしたスーパースポーツカー。それを象徴するような、流麗で先進的なエクステリアもぴったりです。

また、簡素な後席を備えるなど、スーパーカーの中では普段使いもできる実用性を備えているといえるでしょう。

お値段はおよそ2000万円から。なお、別記事で紹介した「BMW GROUP TOKYO BAY」では、このi8の展示車両に乗ってみたり、実際に試乗したりことが出来ます。

「BMW i8」は、BMWの新しいサブブランド「BMW i」からリリースされる、プラグインハイブリッドのスポーツカー。日本では2013年11月にデビューした。

インテリアの様子。コックピットのさまざまな機器やスイッチ類は、ドライバーを中心にレイアウトされている。

画像出典 WebCG

マクラーレン P1

イギリスの自動車メーカー・マクラーレンが誇るスーパースポーツカー。

このマクラーレンP1は、3.9リッターV8エンジンと、最高出力179PSの電気モーターのアシストで走行できるハイブリッドモデル。0-100km/h加速は2.8秒、最高速は350km/hを記録する、マクラーレンのラインナップの中でも頂点に君臨するモデルです。

その価格も1台1億円と超高額で、しかもマクラーレンで以前のモデルを購入した顧客が優先的に購入できるそう。お金があればだれでも買える訳ではありません。

私が面白いと思うのが、銀座のエリート弁護士がこのP1で通勤するというマクラーレンの公式PR動画。

果たして、こんなスーパーカーで通勤なんて出来るんでしょうか……?

2013-03-05 Geneva Motor Show 7846.JPG

画像出典 Wikipedia

ブガッティ・シロン

フランスのブガッティ・オトモビルが世界500台限定で製造しているスーパースポーツ。

最大1600馬力を誇るW16型8.0Lクワッドターボエンジンを搭載し、その最高時速は何と400km/h以上。42秒で時速400キロに到達した世界記録の持ち主でもあります。

お値段は3億円と、まさに規格外のスーパースポーツですが、購入にはブガッティ社の審査が必要。手にすることができるのは、選ばれた一部のVIPのみ。

ただお金があれば買える車ではないという、あまりにもハードルの高い車です。

 

View this post on Instagram

 

#world_collection_auto#bugattishiron

bmw_fan_russiaさん(@bmw_fan_russia)がシェアした投稿 -

 

スポンサーリンク




パガーニ・ウアイラ

イタリアノの自動車メーカー、「パガーニ・アウトモビリ」が開発したスーパーカー。

AMG製のV12エンジンを搭載し、最高時速370km/hを誇る高性能モデルです。

その風格はもはや「化け物」。チタンやレザーを多用した、クラシックな飛行機のコクピットのようなインテリアも、まるで一個の芸術品。イタリアン・スーパーカーの独特の世界観を表現しています。

お値段は1億2千万円からと超高額。

 

View this post on Instagram

 

Beautiful car with a beautiful view😍 📸:@one.20th #paganihuayra #ocean

Viciouswhitecarsさん(@viciouswhitecars)がシェアした投稿 -

 

View this post on Instagram

 

Macchina Volante Just exploding this drivers position with carbon fiber everywhere !! @purcarbon 📸 : @carbonfibrecars

ᴘᴜʀ ᴄᴀʀʙᴏɴ®️さん(@purcarbon)がシェアした投稿 -

ライカン・ハイパースポーツ

UAEの自動車メーカー、Wモーターズが製造するスーパースポーツ。

760馬力を発揮する水平対向6気筒エンジンを搭載し、最高時速は390km/hに及ぶというアラビアン・スーパーカーです。

優れた性能や攻撃的なエクステリアだけでなく、ライト類やインテリアにダイヤモンドを使用し、室内にも金やレザーなど高価な材質を多用。なんとお値段は3億円以上という、とんでもない車に仕上がっています。

あの「ワイルド・スピード」シリーズでも登場したことで有名です。

画像出典 allgaming.be/project-cars-lykan-hypersport/

長距離ツーリングも可能なスーパーGTカー

メルセデス・ベンツ AMG GT

言わずと知れたドイツの高級車メーカー、メルセデス・ベンツ。

そのメルセデスがポルシェ・911に対抗すべく、威信をかけて開発したのがこの「AMG GT」。

4リッターV8ツインターボエンジンを搭載し、トップモデルの「GT R」では0-100km/hを3.6秒で駆け抜けるという、美しい野獣。

現在、海外のレース界でも数多く活躍しているモデルであるが、トランクにはキャディバッグが2つ搭載できるなど、スーパーカーとは思えないほどの実用性にも仕上がった一台です。

お値段は約1500万円からと、ライバルのポルシェ911を意識した設定になっています。

アストンマーティン DB11

英国の自動車ブランド、アストンマーティンの製造するGTカー。V12気筒エンジンを搭載し、最高時速は320km/hに達する高性能モデル。

洗練された高貴なオーラを身にまとうDB11は、インテリアも至る所に贅を凝らした仕様。

他の自動車のメーカーの追随を許さない、イギリス車らしい風格を備えた車です。お値段は2500万円ほどから。

「アストンマーティン DB11 内装」の画像検索結果

画像出典 WebCG

 

 

View this post on Instagram

 

DB11 - Beauty that never fades. #AstonMartinMelbourne #DB11

Aston Martin Melbourneさん(@astonmartinmelbourne)がシェアした投稿 -

ベントレー コンチネンタルGT

こちらはイギリスの自動車のベントレーが誇る、「スピードと贅沢を極めた至極のクーペ」。

W12気筒6リットルツインターボを搭載し、最高時速330km/h以上を誇るスーパーカーです。

さすがはイギリス高級車ブランドの雄、ベントレーだけあり、本革や木材を活かした高品質な内装や優れた安全装備を備えた、高級クルーザーの様な内装です。

贅沢快適な移動空間と卓越した運動性能を兼ね備えた、まさにハイスペックイケメンなスーパーGTカーです。

お値段は2600万円から。

 

View this post on Instagram

 

#bentley #continentalgt #bentleycontinentalgt #leather #tungsten #portland #beluga #hide #veneer #firstedition #style

Asphalte.chさん(@asphaltech)がシェアした投稿 -

VIP御用達! 家が買えてしまう価格の超高級車たち

メルセデス・ベンツ マイバッハ

メルセデス・ベンツの頂点に君臨する超高級サルーン。

かの有名なファッション通販サイトの社長が、女優との車内デートをスクープされたのもこの車。そう、あの「〇〇〇〇バッハ」です。

 

「ヨハン・セバスチャン・バッハ」です。(ちげーだろ)

「バッハ」の画像検索結果

こちらもショーファードリブンを前提とし、マッサージ機能付きの後席には冷蔵庫やシャンパングラスを搭載。職人のクラフトマンシップの息づく車内は、まさに贅沢の極みです。

お値段は約2300万円から。オプションなどでさらに値は上がるとはいえ、クオリティを考えると、むしろお買い得かもしれませんね。

 

「マイバッハ」の画像検索結果

画像出典 cliccar

 

ロールス・ロイス ファントム

言わずと知れた自動車界の王者、ロールス・ロイス。その最高級モデルである「ファントム」の最新モデル。

V12エンジンを搭載している高出力モデルではありながら、用途はあくまでも選ばれたエグゼクティブの為の移動手段。

時速100キロを出しても物音一つしないほど、静粛性や快適性にこだわった「マジック・カーペット・ライド(魔法の絨毯のような乗り心地)」は健在。

ショーファー・ドリブン(運転手が運転する)を前提として、贅を凝らした後席のインテリアも相まって、まるで重厚な走る応接室のような車です。

お値段はおよそ5400万円。選ばれた者だけが手にすることのできる、まさに成功者のアイコンです。

 

View this post on Instagram

 

#rollsroyce #rollsroycephantom #rollsroycecullinan #wraith #phantom #premium #luxury #girl #money #moscow #russia

🎩 EGOR | TIMOFEEV 💼さん(@egor_tmt)がシェアした投稿 -

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう







-自動車

Copyright© TOKYO STORY , 2019 All Rights Reserved.