暮らしの雑貨

【2020福袋】2020ユニクロ(UNIQLO)福袋の情報と内容ネタバレ予想!初売りの情報も。

今回の記事

国民的ファッションブランド「ユニクロ」。そんなユニクロには、幻と言われる福袋があるようです。わずかな入手報告しかないユニクロの福袋情報や、ユニクロ製品をもっと安く・確実に入手できる新年初売りの情報を調査しました。

ユニクロ福袋2020情報

日本国民であればだれもが知っているアパレルブランド「ユニクロ」

ユニクロといえば、リーズナブルなのに質の高い製品が世界でも人気を誇っていますね。今や日本だけでなく、アジア各国や欧米でも人気を集めています。

もともとお安いユニクロですが、年末になると気になるのが「福袋」。果たしてユニクロには福袋があるのでしょうか?

「ユニクロ」の画像検索結果

https://www.uniqlo.com/jp/shop/marronniergate/より引用

スポンサーリンク

例年のユニクロ福袋

過去は一部店舗で発売

実はユニクロの福袋、情報を探してみても簡単には情報は見つからず。

というのも、全国でも発売されている店舗が限られているようで、「幻の福袋」と呼ばれているようです。SNS上では、ごくわずかな入手情報が過去に見つかるのみで、はっきりとした情報や公式の情報は見つかりません。

「ユニクロ 福袋」の画像検索結果

過去の発売内容

過去のユニクロ福袋の公式情報は確認できませんでしたが、以下のような内容のわかる画像が見つかりました。いずれも女性用で、価格は5000円くらいだったようです。

「2019  ユニクロ 福袋」の画像検索結果

関連画像

2019年の発売情報

また、同じく女性用、一部店舗のみですが、2019年はこちらの一部店舗で発売されたという情報も見つかりました。

ポイント

  • キャナルシティ博多
  • MARK IS 静岡店
  • ラゾーナ川崎店
  • ららぽーと横浜店
  • ららぽーとTOKYO-BA店
  • 池袋東武店
  • マルシェ プランタン銀座店
  • MARK IS みなとみらい店

一部店舗のみで発売される小ロットの福袋の為か、こちらも確固たる情報はなかなか見つかりません。

店頭販売

ユニクロの福袋はネットで発売されたとの情報はなく、店頭販売のみとなるようです。

もし発売されるとしても、ネット予約などではなく店頭販売になりそうですね。

スポンサーリンク

2020発売予想

オリンピックイヤーとなる2020年。そんな2020年のユニクロ福袋の内容はどうなるのでしょうか?

内容や価格、入手方法や、入手の難易度を予想してみました。

注意

情報の精度には最善を尽くしていますが、あくまで推測にすぎません。実際に入手を狙う際には、公式サイトなどの最新情報を必ずチェックしていてくださいね。

内容・価格

例年の傾向からして、もし発売された場合も、2020年のユニクロの福袋も「一部店舗のみ」「レディースのみ」といったラインナップになることが予想されます。

値段は5000円程度になるのではないでしょうか。

しかし、情報がはっきりしないことから、そもそも「発売されない」という可能性も高そうです。

スポンサーリンク

入手難易度

福袋の入手難易度

(高い)

稀少度が高く、販売内容もレディースなどに限られているというユニクロの福袋。入手難易度は非常に高い、もしくは発売されないという可能性が高そうです。

福袋より初売りがお得?

ということで、今年も福袋が発売される可能性は低そうです。

しかし、ユニクロの新年の商戦は、福袋ではなく初売りセールがお得。ユニクロの主力商品が半額となったりするため、毎年大人気を博しています。

例年、1月1日~3日の間で行われる初売りセールですが、今年もオンライン・店頭販売含めてチェックが必要です。

「ユニクロ 初売り」の画像検索結果

まとめ

最後までお読みいただきありがとうございました。

ごくわずかな入手報告しかないユニクロの福袋。私が調査したところによると、福袋の販売はされたとしても非常に限定的で、入手は困難のようです。

しかし、毎年開催されている初売りセールでは、福袋に勝るとも劣らないお買い得な商品の数々が販売されます。皆さんもぜひ、初売りはユニクロの店舗を訪れてみて下さいね。

スポンサーリンク

関連記事

【2020福袋】コメダ珈琲福袋の情報と内容ネタバレ!ネット予約の有無や販売方法も調査しました

【2020福袋】キールズ(KIEHL’S)福袋の情報と内容ネタバレ!ネット予約の販売方法も調査しました

 

 

TOKYO STORY

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

974

神奈川県・横浜市出身の25歳・医師。「クリエイティブに生きる」をモットーに、サイト運営・小説執筆・写真など、種々の創作活動をしています。 海が好きで、休日は海沿いの温泉街に行くのが生きがい。ボート免許(1級)も取ってみたものの、まるで使い道がありません。

-暮らしの雑貨

Copyright© TOKYO STORY , 2020 All Rights Reserved.