スポット

【お得なクーポンで大幅割引!】大磯プリンス「THERMAL SPA s.wave」は極上のスパと温泉体験が楽しめる! 料金や営業時間まとめ

更新日:

今回の記事

大磯に誕生した大人セレブなスパ”THERMAL SPA s.wave”の魅力を紹介!

こんにちは。"暮らしを彩るメディア"TOKYO STORY オーナーの974です。

突然ですが、皆さんは、「スパ」と聞いてどんな場所を思い浮かべますか?

温泉好きな日本人はちょっと答えに迷うかもしれませんが、イメージ的にはこんな感じ。

「スパ」の画像検索結果

出典:https://www.wynnpalace.com/jp/amenities-n-spas/spa

海外の高級リゾートホテルのような、プールのある大人リッチな空間をイメージしてもらうのがわかりやすいかもしれません。

ホテル以外ではあまり馴染み深くない「スパ・リゾート」ですが、実は都心から1時間で行けてしまう場所に、セレブ気分が味わえるとっておきのスパがあるんです。

もちろん、海と溶け合うインフィニティプールもあります。

その場所とは、神奈川県・大磯にある「大磯プリンスホテル THERMAL SPA s-wave」

デートにも、週末の気分転換にも使える、大人セレブなスパの魅力と楽しみ方をご紹介していきます。

大磯プリンスホテル THERMAL SPA s.waveとは

大磯プリンスホテルといえば、海を望む巨大なプールリゾート「大磯ロングビーチ」で有名です。

夏場、広大なプールが人で埋め尽くされる光景は、どこかで見たことがある人も多いはずです。

ぱん田
夏になるとCMでやってるよね。
み、水は嫌いだにゃ……!
ぬこ

そんな大磯プリンスホテルの新たなリゾート施設として、2017年に誕生したのが、プール・サウナ・温泉を融合させたスパリゾート施設「THERMAL SPA s.wave」です。

そんな最新のスパ施設に、早速足を運んできました。

実際に行ってみた

「THERMAL SPA s.wave」のあるスパ棟は、そのプリンスホテルの別館という形で、客室のある本館に併設されています

oiso prince hotel thermal spa s.wave

http://www.general-design.net/projects/c30.html

ロビーには、海を望むことのできるバーカウンターやソファーがあります。この時点でもうすでに、異国のリゾートに来たような雰囲気が漂っています。

大磯プリンスホテル thermal spa s.wave

http://www.general-design.net/projects/c30.html

ロビーの受付は宿泊チェックイン用のカウンター。日帰り利用の際は、階上にあるs.waveのカウンターに行きます。

oiso prince hotel thermal spa s.wave

http://www.general-design.net/projects/c30.html

鍵と、クリアバッグに入れられたタオルセット・バスローブを受け取り、ロッカーエリアへ。

大磯プリンスホテル thermal spa s.wave

ロッカーエリア

大磯プリンスホテル thermal spa s.wave

 

間接照明を多用したインテリアは全体的にシンプルで、洗練されています。

水着(自分で持参)とガウンに着替え、エレベーターでスパエリアへ。館内はプールやサウナなどがある水着着用のスパエリアと、男女別の温泉大浴場エリアに分かれています。

関連画像

 

バーカウンター

 

営業時間は限られていますが、カクテルなどのドリンクを作ってもらうことができます。(有料)

 休憩エリア(ファイヤープレイス)

ファイヤープレイス

スパのロビーにあるのは、お洒落なエタノール暖炉を囲むリラックス空間。家族や恋人と語り合ったり、ゆっくりと本を読んだりできる休憩スペースです。

インフィニティプール(イチオシ!)

大磯プリンスホテル thermal spa s.wave

http://www.general-design.net/projects/c30.html

oiso prince hotel thermal spa s.wave

http://www.general-design.net/projects/c30.html

 

大磯プリンスホテル thermal spa s.wave

このスパの目玉は、なによりもこのインフィニティプール

冬でも適温に調節されたプールに身を浸すと、プールの水面は目の前の太平洋と溶け合い、遠く水平線へと繋がります。あたかも、海と溶け合うような一体感

ゆったりと流れる時間に身を任せ、都会の雑踏や日常のストレスから解放される時間。すべてを忘れ、自分自身を見つめることができます。

夜になると、プールは幻想的な青でライトアップ。波の音だけが静かに聞こえてきます。

大磯プリンスホテル thermal spa s.wave

少し体が冷えてきたら、隣にあるジャグジー・バスに身を浸すもよし。テラスに並んだリクライニングチェアで温かいティーを楽しむのも良いでしょう。

 

スポンサーリンク

サウナ

「s.wave」の次なる目玉はこれ。高温・パノラマ・スノー・ヒーリング・岩盤浴と、5種類もの個性的なサウナが楽しめます。

大磯プリンスホテル thermal spa s.wave

一番のオススメは、木のぬくもりを感じる低温のパノラマサウナ。このサウナからは、山々の向こうにゆったりとそびえる富士山を望めます

心地よい暖気に包まれ、リラックスしながら富士山を眺める特等席。こんな場所、他には中々ありません。

パノラミックサウナ

https://www.princehotels.co.jp/oiso/spa/experience.html

oiso prince hotel thermal spa s.wave

下の画像はスノーサウナ。常に天井から雪が降り注いでいます

雪とこれば、雪合戦。私のようなバカの考えることはその程度です。火照った体を冷やしながら、作った雪玉を誰かに投げつけてやりたい衝動に駆られます。

おりゃぁぁぁぁぁぁああ!(落ち着け)

テラス

大磯プリンスホテル thermal spa s.wave

大磯プリンスホテル thermal spa s.wave

インフィニティプールを臨むことのできる「THERMAL TERRACE」(写真上)や、富士山を望む「FUJI TERRACE」(写真下)でくつろぎの時間を過ごすことができます。

フジテラス

https://www.princehotels.co.jp/oiso/spa/experience.html

 

温泉

もちろん、温泉大浴場も完備されています。こちらも内風呂だけでなく、海を望む露天風呂が用意されています。

「thermal spa s.wave」の画像検索結果

無色透明のナトリウム・カルシウム- 塩化物強塩泉は、体を芯から温めてくれます。サウナで汗をかいた後は、温泉大浴場ですっきりと洗い流しましょう。

大磯プリンスホテル thermal spa s.wave

https://www.princehotels.co.jp/oiso/spa/experience.html

 

利用料金・クーポン・営業時間について

利用料金

おとな ¥4,500 / 小学生 ¥2,000 / 未就学児 無料

SEIBU PRINCE CLUB会員おとな ¥3,800 / 小学生 ¥1,500

「THERMAL SPA s.wave」のビジター利用料金は、上のようになっています。

SEIBU PRINCE会員なら少し割引になりますが、非会員の料金は4500円。このお値段だと、「少し高いな」と思う方もおられると思います。

しかしこの「s-wave」、夏のハイシーズンを除いては、割引キャンペーンもかなりやっています

(2018年10月時点での情報)半額近い割引もあるので、たった2000円ちょいという価格でこのスパを味わうことができるのです。

洗練されたデザイン、絶景のプール、温泉、5種類のサウナ。これだけ揃った施設にそんな価格で入れるというのは、破格としか言いようがありません。

ちなみに、キャンペーンの例がこんな感じ。

キャンペーンの例

【シニア割】期間/2018年10月1日(月)~10月31日(水)
条件/65才以上のお客さまのご利用
料金/1名さま ¥2,800
【 男旅割 】期間/2018年10月1日(月)~10月31日(水)
条件/男性2名さま以上のお客さまのご利用
料金/1名さま ¥2,800
【カップル割】期間/2018年11月1日(木)~11月30日(金)
条件/20才以上のカップルのお客さまのご利用
料金/1名さま ¥2,800

他のチケットサイトで割引も

でも、どうしてもキャンペーンがやっていなかったり、割引の適応外になってしまうこともあります。そんな時、ぜひチェックしておきたいのが外部の割引サイト。

こちらのasoviewのサイトでは、有料クーポンサイトなどに登録しなくても、平日3300円、休日3600円かなりお安く利用することが出来ます。

「asoview」の画像検索結果

クーポンは画像をクリック

営業時間

営業時間6:00A.M. ~ 12:00MID
最終受付宿泊者 : 11:30P.M.
外来 : 5:00P.M.

と、HP上では外来の最終受付は早めになっておりますが、僕は「夜スパ割」というキャンペーンで5時以降に入館したこともあります。ここでは何とも言えませんので、電話にて確認するといいでしょう。

まとめ

「THERMAL SPA S-WAVE」は、都心からもアクセスしやすい距離にある高級スパ・リゾート施設です。その洗練された雰囲気、充実した施設、価格帯。どれを取っても関東最高クラスのスパであると言い切れます。

また、併設する(というよりそっちが本館)プリンスホテルでは、スパを自由に利用できる宿泊プランがそろっています。特に平日の宿泊では、素泊まり6000円台からのプランもあります。朝と夜の2回スパを楽しむのであれば、それだけで十分元が取れてしまうというお値段ですよね。

充実したスパリゾートを併設し、さらに魅力を増した「大磯プリンスホテル」。お泊り、日帰り問わず、皆様もぜひ、一度足を運ばれてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-スポット

Copyright© TOKYO STORY , 2019 All Rights Reserved.