aesopボトル

ライフスタイル 暮らしの雑貨

【ダウンロードできます】簡単にイソップ風のお洒落なボトルが作れるソープラベルをWordで自作してみました

更新日:

はじめに

【データ有り】Seriaグッズと自作ラベルでランドレス風のお洒落な洗剤ボトルを作ってみた!

目次1 この記事を書くきっかけ2 だったら、自分で作ってやれ!3 まず、材料調達!4 いよいよ作成開始!4.1 ラベルをデザイン4.2 ラベルを印刷4.3 ボトルに貼り付け5 完成!6 作ってみた感想 ...

続きを見る

前回の記事では、ろくにイラストレータも使えない私がWordでランドリン風の洗剤ラベルを自作するお話をしました。

スポンサーリンク




今回もそれに引き続き、生活雑貨ブランド風のソープラベルを自作してみました。今回、オマージュしたのが、あのイソップです。

イソップ

画像引用 スローハウス二子玉川

イソップ(Aesop)は、1987年にオーストラリア・メルボルンで創業したスキンケアブランド。

オーガニックな成分だけでなく、選び抜かれたケミカル成分も配合することにより、高い品質を実現しています。

美しいデザインと使い心地・高貴なお値段

世界各国で人気を集めているだけあって、その製品たちの使い心地は極上。

そして置いておくだけで様になるブラウンのボトル、洗練された店舗の雰囲気など、女性を虜にするポイントは数え切れません。

私は男ですが、近所の家系ラーメン屋のトイレに置いてあった、イソップのハンドソープを初めて使った時の衝撃は忘れられません。

(よりによってラーメン屋かよ)

 

早速手に入れようと、丸の内のコンランショップに買いに出かけた私ですが、ハンドソープ1本5000円の値札を見て愕然。すっかり腰を抜かし、またしても5時間ほど立ちあがることが出来ませんでした。(うるせえよ)

 

というわけで、作ってみた

ハンドソープにかけるお金は500円が限界。そんな貧乏性の私は、またラベルを自作してみることにしました。

地味にこのイソップのボトル、ヤフオクで空のボトルが1000円くらいで売りに出されるほど。

カッコよさには定評があるようで、詰め替えて使っている人も少なくないようです。

今回使うのはまたまた、お得意のWordです。

まず、イソップのロゴに使われているOptimaというフォントをダウンロードします。

(Mac OSを使われている方は、プリインストールされているようです)

 

印刷用に、アマゾンなどで売られている耐水光沢フィルムラベルを用意します。

プラス ラベルシール 超耐水光沢フィルムラベル ホワイト A4 IT-324RF 45-225

Aesopのロゴを再現したいところですが、ここで公開すると本家様から訴えられても文句は言えません。

ということで、今回は、Aesopの代わりにロゴをKetchupにしました。

ご家庭でケチャップオムライスを作る際は、ぜひこちらのボトルをご利用ください。

(使わねえよ)

 

また、「eの上のバー」がどうしても出せなかったので、テキストボックスでハイフンを配置しています。

ダウンロードした後は、個人利用の範疇でロゴなどをご自由に変更してお使いください。

 

 

プリンターの設定で、倍率を75%で印刷すると丁度いいサイズになります。

スポンサーリンク




製作。

 

完成品がコチラ。(念のため、こちらではロゴは隠しています)

 

本物がこちら。

本物そっくりに仕上がりました。

同じくアマゾンで売られていたブラウンのボトルを使用しています。

しかし、これだけでは重大な問題が……。

それは、「防水ラベル」とはいえ、水で濡らしてこすったりすると、すぐにインクが滲んでしまうこと。

ぱん田
全然防水じゃないやん……

ソープボトルなんて、大抵水気のあるところで使いますから、それこそ致命的な問題です。

そこで私が試行錯誤の上で開発したのが、ラミネートフィルムを使う方法。

こちらのラミネートフィルムは、印刷物などに貼り付けて、透明なフィルムでラミネートできる優れもの。

こちらをラベルシールのサイズに切り、ラベルの上に貼りつけてラミネートします。

貼り付ける際の注意点

しかしこちらのフィルム、シールみたいに手で貼ろうとすると、粘着力が強くて変なところにくっついてしまいます。

手で貼ろうとするのではなく、机の上に剥離紙を剥がしたラミネートフィルムを置き、その上をボトルを転がすようにしてくるくる巻きつけると、うまくいきます。

もしくは、ラベルをボトルに貼り付ける前に、ラミネートしてしまうのも手ですね。

巻きつけた後は、水を寄せ付けない完全防水のフィルムになりました!

まとめ

当サイトを通し、ボトルやシールを購入して頂く方が増えてきましたので、もう一度作り方をまとめてみます。

step
1
Optimaフォントをダウンロード

 

(フォントの導入は、zipファイルを解凍→フォントファイルを右クリックで「インストール」を選択。詳しくはこちら参照)

step
2
耐水ラベルシール・ブラウンボトル・ラミネートフィルムをAmazonで購入する。

step
3
ファイルをダウンロード

 

step
4
カスタマイズ

Wordファイルを開き、文字などを好みに応じて編集する。

step
5
試し印刷

編集し終えたら、プリンターの設定から任意倍率75%に設定し、普通紙A4に試し印刷(必須!!!)

耐水ラベルシールは高価(1枚100円)なので、必ず試し刷りをしてください。

私は間違えて「Ketchup」のままラベルに印刷してしまい、使い道に困るラベルが出来てしまいました。

step
6
ラベルを印刷

問題が無ければ、細心の注意を払って耐水ラベルに印刷。裏表に注意。

step
7
貼り付け作業

ラミネートフィルムとラベルを適切なサイズに切り、ボトルに貼り付けます。

step
8
完成!

お風呂や洗面所などでも、水を気にせずに使えます!

 

Aesopのような、洗練された雰囲気のボトルを作ってみたいという方は、どうぞご活用ください。

お読みいただき、どうもありがとうございます!

スポット

2019/2/20

【クルーズ体験記】世界最大級の客船「ハーモニー・オブ・ザ・シーズ」でカリブ海を旅する。<2・3日目 クルーズ生活編⑴>

目次1 船内について1.1 客室1.2 レストラン1.2.1 メインダイニング1.2.2 ウィンジャマー・マーケットプレイス1.2.3 カフェ・プロムナード1.2.4 ソレントス1.2.5 ドッグハウス1.3 ドリンク事情2 船内のWi-Fi事情について3 船内のお財布事情:Sea-Passカード 船内について 前回記事はこちら フォート・ローダーデールを出て、船はカリブ海へと旅立ちました。これから2日間は、セントマーチン島へ向けて終日航海です。 巨大な船内ですが、基本的な施設や設備を簡単に紹介していこう ...

ReadMore

スポット

2019/2/20

【クルーズ体験記】世界最大級の客船「ハーモニー・オブ・ザ・シーズ」でカリブ海を旅する。<1・2日目 移動〜乗船編>

目次1 ハーモニー・オブ・ザ・シーズについて2 旅行プランについて3 1日目3.1 成田空港から出発3.2 NYに到着4 早朝便でマイアミへ4.1 手続き・搭乗5 客室5.0.1 ボードウォーク側5.0.2 海側ベランダ6 出港!8日間の船旅へ ハーモニー・オブ・ザ・シーズについて ハーモニー・オブ・ザ・シーズは、アメリカのロイヤル・カリビアン・インターナショナルが運航する大型クルーズ客船。2016年5月15日に就航した、世界最大級の新鋭船です。 そのハーモニー・オブ・ザ・シーズは、現在フロリダのフォート ...

ReadMore

オーナー記事

2019/2/17

【ベルゾン】教習所のチャレンジ合宿で、1級小型船舶免許の取得に挑戦してみる<第1回>

目次1 挑戦の経緯2 クルージングは思ったより身近3 1級を受験することに4 合宿コースのある教習所「ベルゾン」 挑戦の経緯 医師国家試験が終わり、ようやく勉強から解放されたと思ったのも束の間。 私はある資格試験を申し込んでいました。それは、「1級小型船舶免許」です。 小型船舶免許とは、プレジャーボートやクルーザーなど、小型の船舶の操縦に必要な資格。2級と1級があり、どちらも20トン・24m未満の船を操縦できますが、2級では海岸から5海里まで、さらに1級があれば外洋航海ができるので、世界の7つの海を旅する ...

ReadMore

カーシェア

暮らしのアイデア 自動車

2019/2/16

【今がチャンス!】卒業前の大学生が3月までに絶対カーシェアに入会するべき理由

目次1 はじめに2 学生ならではの特典3 ある気づき4 入っておいて損はない5 ユーザ必見の裏技 はじめに 以前もこんな記事を書きましたが、私は数年前からカーシェアリングを活用しています。 都心で生活していた時は、車を必要とする場面はほとんどなく、ほとんどが自転車や公共交通機関で完結していました。 しかし時々、クルマで遠くに出掛けたい、という機会があるのも事実。そんな時、カーシェアはスマホ一つで予約でき、手続きもなくカードやスマホのタップひとつで利用できるので便利でした。 旅行で別の都市に出掛けた際、「レ ...

ReadMore

スポット

2019/2/15

【離島を旅する②】今治から10分で行ける愛媛県の小さな離島「小島」は美しい明治戦争遺跡の宝庫。

目次1 小島とは2 島に隠れた秘密3 島への行き方4 森の中へ 小島とは 小島(おじま)とは、瀬戸内海の中央部、しまなみ海道が走る来島海峡に位置する愛媛県の小さな離島。しまなみサイクリングの起点として、多くのサイクリストが集う今治市に属します。 来島海峡には瀬戸内海に浮かぶ島々が街道のように並んでおり、生口島や伯方島など、名前が知られた島々が数多くあります。 小島はその名の通り、面積0.50km2、周囲3km、人口数十人ほどの小さな島。しまなみ海道を見渡す「来島海峡展望館」からも、その姿をはっきり認めるこ ...

ReadMore

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう







-ライフスタイル, 暮らしの雑貨

Copyright© TOKYO STORY , 2019 All Rights Reserved.