スポット

【下関・山陽本線】旅情を感じるローカル線ひとり旅。終着駅には、海が見える素敵なカフェが。

更新日:

潮風薫る、下関へ

先日ふと思い立ち、以前から行きたいと思っていた関門海峡エリアに旅行に行ってきました。

梅雨時でしたが天候に恵まれ、明治・大正ロマン溢れる門司港レトロ地区や、新鮮なふぐが美味しい下関エリアを満喫してきました。

けれども観光地を巡っているだけでは、何か物足りません。誰もが行く有名なスポットだけではなく、旅情を感じられるようなディープな旅をしてみたい。

そんな衝動に突き動かされ、気がつくと私は、たったひとりで下関駅のホームにいました。

夏の日差しを浴びて停車しているのは、ディーゼルエンジンの唸りを上げる列車たち。私は下関から北へ向かう、たった2両のローカル線へと飛び乗っていました。

飛び乗った電車の終着駅は、山陰本線の小串駅。山陽本線の下関駅を出て、日本海側をつなぐ山陰本線へと繋がる路線です。

いつもの通勤電車とはまるで違う、小さな車両。2人掛けのシートが、これから始まる旅への高揚感を誘います。

終着駅までは、およそ40分の旅。本州の西の果ての海岸線を、ガタゴトとゆっくりと進んでいきます。

いざ、小さな冒険の旅へ出発。車窓には、目にも鮮やかな緑が飛び込んできます。

ディーゼルエンジンの唸り声と、リズムよく聞こえてくるレールの音。都会の喧騒とストレスを忘れてしまいそうな、ゆっくりとした時間が流れていきます。

スポンサーリンク

やがて、進行方向左側に海が見えてきました。東京は毎日雨ばかりだというのに、山口は快晴。夏の訪れを感じさせる、鮮やかなブルーの海が展開していきます。

海を見ながらしばらく揺られているうちに、列車は終着駅へと到着していました。

到着したのは、山陰本線の小串駅。iPhoneで改札を通ろうとして、改札機がない事に気付きました。ICカードは使えないようです。

終着駅には着いたものの、何のプランもありません。駅の前には、海岸線に面した道が。

汗ばむような日差しを浴びて、たった一人、ぼんやりと歩きます。

駅から小串漁港の方面へ歩く事10分。

現れた集落の家々のなかで、人だかりができている建物が一軒。こんな所に一体何があるんでしょうか。

実はこれ、2019年6月にオープンしたカフェ「sig.co」

表参道にあってもおかしくないような、スタイリッシュでおしゃれなデザインが目を引きます。日差しに体力を奪われた私には、突然出現したオアシスのようでした。

木のぬくもりを感じさせる、ナチュラルテイストの内装。店内はお客さんで繁盛していました。

お店の中から外を臨むと、真っ青な海が広がります。このロケーションは最高。

決して人がたくさん集まる訳ではないこの場所に、ここまで素敵なカフェを作り上げたオーナーさんはすごいですね。

スポンサーリンク

お店の外にはテーブルはありません。その代わり、店の外にある岸壁は、海を見渡す特等席。

注文したのはグアテマラのアイスコーヒー(450円)。早速外に持ち出し、しばし絶景を満喫します。

こちらが今回のお店「CAFE&CRAFT Sig.co」についての記事。

カフェ&クラフト...山口県下関市豊浦町小串に『シグコー』プレオープン中

そうこうしているうちに、帰りの電車の時間がやってきました。

計画のないローカル線の旅の終着点は、海岸線沿いにひっそりと佇む、素敵なカフェ。思いがけない発見でした。

帰り道、改札で買ったのは紙の切符。たった一人の駅員さんに、スタンプを押してもらいます。

田舎のおばあちゃん家に遊びに行った時のような、どこか懐かしい気分に浸りながら、私は再び2両の列車に乗り込み、帰途についたのでした。

スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-スポット

Copyright© TOKYO STORY , 2019 All Rights Reserved.